2011年07月11日

記憶力を良くするには五感を使う


≫詳しくはコチラから


007.JPG


記憶力を良くするには、五感を使えば使うほど、忘れにくくなります。

普通、勉強に使われるのは視覚・聴覚が主だと思いますが、五感です
から、もちろん嗅覚・味覚・触覚が使われれば使われるほどいいです。

ただ、記憶力を良くする為とはいえ、もちろん実際に勉強している時に
テキストをむしゃくしゃ食べたり、匂いを嗅いだりするのではありません。

複数の感覚を刺激して記憶すると、記憶する内容と一緒にその時に刺激
された他の感覚の情報も一緒に脳に送られ、記憶されます。

なので、もし記憶した内容を思い出せなくなってしまっても、他の感覚が
よみがえったらその感覚と一緒に記憶した内容も芋づる式に思い出せる
ことがあるのです。

記憶力を良くするには、感覚で覚えることも大切なのです。


≫詳しくはコチラから


009.JPG


たとえば、コーヒーを飲んだら、恋人と別れた時に喫茶店で飲んだコーヒーの
味を思い出したりすることなどです。

ですから、記憶力を良くする為に、これをうまく記憶にも使っていくのです。

なかなか人の顔を覚えられなかったとしても、その時に雨が降っていたとか
ご馳走になったカレーが美味しかったとか、その場の状況なども一緒に覚えると
忘れにくくなるのです。

「川村明宏のジニアス記憶術」では、記憶力を良くする為に、1日数分のゲーム
をするだけで、記憶に印象をつけるというトレーニングを行います。

自分の記憶力がどれくらい良くなっているか毎日確認できるので、短期間に
驚くべき記憶力を手に入れたことを実感できます。


記憶力を良くする方法はコレがおすすめ「川村明宏のジニアス記憶術」


≫詳しくはコチラから


004.JPG
posted by paipai at 12:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。